住宅ローン借り換えと病気の問題とは?

住宅ローン借り換えのときには、団体信用生命保険の掛け替えが行われます。
健康状態に問題が無ければ、審査も問題無く、すんなり住宅ローン借り換えの手続きに移ることが出来ます。
最近問題になるのは「うつ」の経験がある場合です。
ローンを組んでしまってからですとあまり問題にならないのですが、借り換えの時の団体信用生命保険の審査で状況によっては「うつ」の病歴のせいで審査に通らないことがあるのです。
申込時に3年以内に入院加療などを要する病気、治療中の病気などについて告知することとなりますから、3年以内に「うつ」の治療歴や入院歴がある場合には、難しくなるようです。
借り換えを考える場合には、団体信用生命保険の審査にとおる健康状態が維持できていることも大事なのです。