生命保険会社どうやって選んでますか?

保険大国である日本ですが、それと同時に、言い方は悪いですが「保険金殺人大国」でもあります。
(涙)その為、日本人は、「生命保険」に対して、どこか大金目当ての犯罪が表裏一体になっているイメージがあります。
そんなイメージを抱きがちなところがあるように思われますが、どうですか!?、また「どんな災害でも、保険金はしっかり下りるのだろうか!?」という被害者意識があります。
および保険に対する漠然とした不安もあります。
そんなことに繋がるのでしょうね。
(汗)。
しかし、そういった不安を払拭するのに、保険業界には「ソルベンシーマージン(solvency margin)」比率というものをだしています。
※ソルベンシーマージン(solvency margin)とは、「支払い余力」のこと言います。
これが高ければ高いほど「責任準備金のたくわえがしっかりとあります。
何があっても支払う力がありますよ」という証明となります。
これを目安に生命保険を比較してみると分かりやすいですね。
例えば「どこが安心で」、「どこが不安か」という漠然な視界が一気わかります。
くっきりしてくるかと思います。
(笑顔)覚えにくい用語でもあります。
(汗)意外とアリコとか、アフラックなどの大手生命保険会社のソルベンシーマージン(solvency margin)ランキングが低いようですね。
そんな特徴もあります。
「自分が入ろうとしている生命保険は大丈夫?」(笑顔)このソルベンシーマージン(solvency margin)を是非とも使ってみてほしいものです。
(笑顔)。