行政書士の平均年収とは?

行政書士で独立開業を目指してる方にとっては行政書士はどれくらい稼ぐことが出来るかということは受験対策と同じくらい気になる問題かと思います。
とあるデータでは、行政書士の平均年収は約600万くらいで、そのうちの75%は年収500万以下とされています。
平均年収200万時代に突入しようかという現代日本において、この報酬は充分魅力的ではないでしょうか。
しかしながら行政書士の業務範囲はとても広いので実務処理能力以外にも営業力が問われます。
ただの代書屋に収まれば食べていくのがやっとという有様にもなりかねません。
営業力が問われるのは他の士業でも同じですが行政書士は高い専門性がそれほど無いため、他よりもさらに営業努力が求められます。
しかしながら営業が実を結べばしっかり稼げるようになるのも事実。
努力次第でいくらでも稼げる魅力的な士業であることは間違いないでしょう。